Profile

 

中村 正美 Masami K. Nakamura(女)

米国臨床心理学修士 臨床心理士

 

◇経歴:

1966年、岐阜市生まれ。

1988年、慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、

一般企業で新規事業開発、現代美術館の企画運営、広報宣伝に従事。

映像制作のディレクター、プロデューサーを経て独立。

Alliant International University / California School of Professional Psychologyで

臨床心理学修士号を取得。

 

精神科クリニックで、成人のカウンセリングと心理アセスメントを担当。

大人のADHD(発達障害)、家族や育ちの問題を背景にもつ症状、さまざまな依存症の方への心理的サポートが専門。

精神分析理論、人間性心理学をベースにしながら、お一人お一人に合った技法を組合せる統合的心理療法を提供します。

 

◇論文:

●総説 大人のADHD特性をもつアルコール・薬物依存症者のための再乱用防止プログラムの提案(Family Child Therapy, No.8, 2014)

 

◇学会発表ほか:

●成人ADHDを併存するアルコール・薬物依存者のための再乱用防止プログラム(日本家族と子どもセラピスト学会, 2013)

 

●LSA学習支援員養成講座で当事者の体験談トーク(NPO法人星槎教育研究所, NPO法人EDGE, 2012)

 

◇所属:

日本臨床心理士会

日本EMDR学会 

東京公認心理師協会

日本心理臨床学会

日本家族と子どもセラピスト学会

東京メトロ 銀座線 | 丸ノ内線「赤坂見附」駅から3分

東京メトロ 千代田線「赤坂」駅から3分

東京メトロ 半蔵門線 | 有楽町線 | 南北線「永田町」駅から5分

© 2015 Tokyo Therapy Room | Adult ADHD, ASD & PTSD Lab.

TOKYO PRODUCE Co., Ltd.